fc2ブログ

仙台で田んぼのイルカを救助!!

03 23, 2011

被災地では動物たちも苦しんでいる。
助けようと奔走しているボランティアたちがいる。
せめて、私はその活動を伝えたいと思います。



田んぼにイルカがいる?!



 
被災地でペットを保護しているボランティアに
22日午前、電話が入った。
海岸から2キロほど陸側に入った田園地帯。
かすかな命を助けようと救出作業が始まった。


「救助」を依頼した男性。
自転車で通っていて、
バシャバシャという音を聞き、
黒褐色の体に気づいた。

「見つけてしまうと何とかしないとね。
こいつも津波の被害者だから」

避難所にはってあった
ペット保護の連絡先へ。

ボランティアの3人は、田んぼに急行。
落ちていた車のパーツと布団で「担架」を用意。
近くにあった網ですくおうとするがうまく行かず、
最後は、長靴で田んぼに入り、スナメリを抱きかかえた。

県内の水族館は被災。
獣医師は
「ぬらしたタオルで背中を覆って海に放すしかない」。

がれきの中をワゴン車で海をめざし、
とうとう海に戻した。

少しずつ沖に行く姿を見て
「生きていけるかわからないけど、
田んぼで死ぬより全然いいでしょう。」

仙台沖は、スナメリの太平洋側での生息の北限。
津波で群れからはぐれた子どもとみられる。

新聞記事はこちら
   ↓
http://www.asahi.com/national/update/0322/TKY201103220507.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シニアでも、単身でも
安心してペットを飼える社会をめざして!!

当会では、会員同士の交流をはかり
飼い主が病気などでどうしても
飼い続けられなくなったときのための
セカンドオーナーを決めておく
相互の助け合いをめざします。

サイトURL

http://pet-saigomade.com/


リンクバナー
一般社団法人ペットと最後まで
リンクフリーです。


にほんブログ村ランキングに参加しています!

クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
0 トラックバック
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア