fc2ブログ

せめて楽に・・・は動物たちを救うだろうか?

10 11, 2011


下関市の英断




9月の講座で、下関市の動物愛護センター(2009年4月に開館)の
画期的な殺処分機の話題が出ました。

下関市では2003年度から開発を始め、
1億円以上を費やして
「吸入麻酔剤」による殺処分機を導入しました。

ほとんどの自治体は二酸化炭素ガスを利用した殺処分機を使っています。
つまりは窒息死。

二酸化炭素には鎮静作用や麻酔作用があるといわれますが、
処分機内が一定の濃度に達して
犬が意識を失うまでは、苦しみます。

子犬や負傷犬などで呼吸数が少ないと、
死に至るまでに長時間かかることもあるそうです。


下関市では引き取った犬の6割が殺処分されるそう。

里親が見つかる犬は年間50匹前後に過ぎません。

せめて、楽に



その殺処分の時、せめて犬たちの苦痛を取り除こうと、
世界で初めての導入です。



スイッチが押されると
犬たちは約1分30秒,
すぐに意識を失って睡眠状態となります。

酸素濃度が18%に保たれており、
窒息死することはありません。
約30分かけて心停止に至り、
本当の安楽死が訪れるそうです。

それにしても、1億円!
良く、議会が了解したもんだ!!と話題になりました。

大学との共同研究であることも幸いだったとか。

下関といえば、幕末の天才 高杉晋作を産んだ地。
改革の気質がこんなところにも発揮されたのかも知れません。

譎倶ス彑convert_20111013060033 gggg


(NHKドラマ、「竜馬伝」
伊勢谷友介の晋作はカッコ良かったですね)


楽な処分機は動物たちを救うだろうか?



しかし、喜んでばかりもいられない心配な面もあるのです。

こんな楽に死ねるなら
捨ててもいいじゃんっ!!
・・・と。

捨て犬が増える危険性もあるのだとか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからお知らせです!

「ペットと一緒に地域づくり!!
~シニアでも、ひとり暮らしでも
ペットと最後まで幸せに暮らせる地域を目指して~」


連続講座やります!!

CIMG2667_convert_20110825112935ちらし


10月15日(土) 14時から16時

第2回目講座です!!

第2回 10/15(土) 「ワンランク上の飼い主目指そう」    
  犬・猫のしつけと飼い主のモラル・健康で長生きのための食について


講師:山下理恵子(愛玩動物飼養管理士)
   福原かおり(ホリスティックケアカウンセラー)

みなさん、来てね!

アリーノにて
    ↓
http://www.arima-nogawa.jp/
0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
0 トラックバック
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア