fc2ブログ

外国の8週齢規制は・・・

10 26, 2010

諸外国の8週齢規制を見てみよう



8週に満たない、小さな犬や猫の販売の規制についての問題です。

よく、海外では8週齢規制があって、
あまりに小さい犬や猫が販売されることは、
法律で禁止されている、
日本にはこの規制がない、
だから日本は欧米に比べて200年、遅れている・・・と言われます。

では、海外では8週齢で何を規制しているのか?



販売すること?
それとも、親から引き離すこと?

整理してみました。

販売禁止
 ・オーストラリア


引き離し禁止
 ・アメリカ(輸送禁止)
 ・ドイツ
 ・スウェーデン(猫は12週)
 ・イギリス

簡単に分けると、こういうことになります。

高福祉の国ほど、「引き離し禁止」を法律で
明言していることがわかりますね。


「国の偉大さと道徳的発展はその国の動物の扱い方でわかる」という
ガンジーの言葉を思い出させます。

さて、翻って日本。

動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律施行規則)の第8条に

「販売業者は、離乳を終えて、大人が食べるものと同じものを
食べる動物を販売すること」


という内容の基準があります。
ただし、基準です。

ですから、一部の良心的業者は、自ら規制をかけて守っているけど
背に腹はかえられない、と考える業者は
守らなくても罰則はないわけです。

仮に、消費者が、業者の実態のあまりのひどさに
行政に訴え、
行政は、たとえ改善したいと考えても
強制力はありません。

つまり、何もできない、
そして、動物たちは苦しみ続ける・・・という実態です。


日本は、販売禁止を選ぶのか? 引き離し禁止を選ぶのか?



さて、来年の動物愛護法改正。
日本は、「販売禁止」or「引き離し禁止」を選ぶのか?
そもそも、8週齢規制そのものを盛り込むことができるのか?

私たちにできることは
改正の動きを環境省のHPなどで関心を持ち続けること、
勉強会などがあったら、頑張って出かけること
来春のパブリックコメント募集に声をとどけることなどです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シニアでも、単身でも
安心してペットを飼える社会をめざして!!

ただいま
[あと一匹!!サポーター]大募集中

今はペットを飼っていないけど、
いずれ飼いたいと思っている。

今、一匹飼っているけど
あと一匹なら、引き取れる。

今すぐは無理だけど、2-3年後なら、一匹引き取れる!

このような方たちを大募集です。

登録料、会費、無料!!

犬、猫 限定です。



サイトURL

http://pet-saigomade.com/


リンクバナー
一般社団法人ペットと最後まで
リンクフリーです。


にほんブログ村ランキングに参加しています!

クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
0 トラックバック
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア