fc2ブログ

動物園は、愛護法の対象からはずれる?

11 21, 2010 | Tag,動物愛護法,動物園

動物園が、愛護法の対象外に?



動物愛護法改正 環境省傍聴レポート
第三弾です!!

動物園の協会からの要望



「社団法人日本動物園水族館協会」という団体があります。
ここは、89の動物園と
67の水族館が加盟しています。

有名な旭山動物園や上野動物園、もちろん加盟しています。

この団体から、
来年の改正で
「動物取扱業の登録や
特定動物の飼養の許可などの
対象外にしてほしい」
との要望がありました。

動物園は、絶滅の危機にある動物の種の保存や
地球の環境を学ぶ場としてなど
特別なミッションがある・・・

現在、動物取扱業として単純に位置づけられることにより
色々な問題が生じているとのこと。

委員(NPO団体)からの意見




「市町村立の小さな動物園も多い。
中には、市民からも忘れられて、
劣悪な環境で、動物が飼われているものがある。

当会にも市民から相談や苦情が多く寄せられている。

動物園管理法のような新たな法律ができない限り
愛護法から外すということは、賛成できない」

別の委員からの質問



「環境があまり良くない動物園などへの
監視や指導などの実例はあるか?」

これに対する協会の回答

「過去に新聞報道もされたが
≪天才○○動物園≫という番組で
チンパンジーをあまりに擬人化しているのが
問題になった。
チンパンジーは確かに頭がよいが
あそこまで人間に近くない。

所有の動物園と話し合いを重ねたが
意見が一致せず脱退してしまった。

現在もその番組は続いている」

以上が報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

協会の回答では
加盟している動物園に対してのチェック機能や
指導できる権限が、どのくらい強いかなど
あまりわかりませんでした。

委員さんがたにもこの辺はもう少し
突っ込んで欲しかったです。

やはり、今の日本の動物福祉の現状では
協会加盟の動物園であっても
愛護法の対象外にするのは
時期ソウショウのような気がします。

それから、ときどき眼にする
公園の片隅などに設置された
せまい、動物舎。

サルとか馬とか
餌を与えられてるだけ、
仲間も、充分なスペースもなく。

見るのもつらく、
見て見ぬふりをして
通り過ぎてきましたが
今後は、とこが管理しているのか
ちゃんと調べて、意見を言っていくことも必要かと。

そもそも日本では
「動物園とはなんぞや」ということを
規定した法律がないそうです。

ということは
たとえばペットショップが
「うちは動物園だ」とか言って
親子連れを集めて、ペットを売ることも可能なわけで。

まだまだ、法整備が必要な範疇です。(N)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



シニアでも、単身でも
安心してペットを飼える社会をめざして!!

当会では、会員同士の交流をはかり
飼い主が病気などでどうしても
飼い続けられなくなったときのための
セカンドオーナーを決めておく
相互の助け合いをめざします。

サイトURL

http://pet-saigomade.com/


リンクバナー
一般社団法人ペットと最後まで
リンクフリーです。


にほんブログ村ランキングに参加しています!

クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
0 トラックバック
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア