スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告

カメ 密輸 米で日本人逮捕!!

01 11, 2011

希少カメ 密輸の日本人 逮捕!!



ワシントン条約で保護されている
希少なカメ55匹を菓子箱に詰め、
アメリカに密輸しようとした日本人の男2人が、
アメリカの魚類野生動物保護局(FWS)に逮捕された。

二人は7日、大阪の空港からロサンゼルス空港に、
ワシントン条約で保護されている希少なカメ55匹を、
生きたまま菓子箱に入れて密輸しようとした。

2人がロサンゼルス空港で入国しようとしたところ、
税関の係官が、スーツケースの中のカメを発見したという。

魚類野生動物保護局の調べによると、この容疑者は、
これまでおよそ8回にもわたり、
同様にカメを密輸したらしい。

日本への帰国の際も、
日本では手に入らないカメを持ち帰っていたという。

・・・・ここまでが、ニュース・・・・・・・・・・・・・・

・搾ス阪⊇縺・@繧・??_convert_20110111184517  mmm


アメリカまでの長旅を
菓子箱で運ばれた
55匹は、元気なのだろうか?

劣悪な環境で運ばれた動物たちは
発見されても、その後、命を落とすことが多い。

入り口のアメリカで見つかったのに
出口の日本ではなぜ見つけられなかったのか?

日本は密輸大国。
税関の係官にもっと関心を持ってもらうこと、
教育・訓練も大事。

密輸で儲けようとする人
禁止を承知で、飼おうとする人

今年の動物愛護法改正でも
密輸問題は、大きなテーマ。

現在、税関での違反が、動物愛護法と
リンクされていないため
多くの場合、密輸をしても、動物愛護法違反にはならない。

だから、密輸常習者がペットショップを
経営し続けることが可能なのだ。


違反、逮捕された人は
2度とペットショップを営業できなくすること。


こういう改正が必要。

但し、他の人の名前を使って再度開業する場合もあり、
そんな、悪徳業者を
どう、防ぐか?

いたちごっこの知恵がためされます。


Dscf0579 kame もと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シニアでも、単身でも
安心してペットを飼える社会をめざして!!

当会では、会員同士の交流をはかり
飼い主が病気などでどうしても
飼い続けられなくなったときのための
セカンドオーナーを決めておく
相互の助け合いをめざします。

サイトURL

http://pet-saigomade.com/


リンクバナー
一般社団法人ペットと最後まで
リンクフリーです。


にほんブログ村ランキングに参加しています!

クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ






-0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
-0 トラックバック
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。