FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告

ブルセラ病とは?

12 23, 2010
テレビドラマ「獣医ドリトル」の中で、犬ブルセラ症が扱われました。

ゴミ屋敷で多頭飼いされていた犬20匹がこの病気に感染。
安楽死させられそうになるが
登場人物たちが救うべく、奔走する。
・・・といういう内容。

ブルセラ症について簡単にまとめました。



原因:イヌ流産菌(ブルセラ・カニス)
・感染経路:交尾、尿、乳汁、流産時の汚物など

・症状:オス・・・睾丸が固くはれ上がる
    メス・・・流産死産、胎盤炎

・人への感染:感染力は弱い
通常の生活で犬から人に感染することはまれ。
 感染した犬の死体、流産時の汚物にさわる獣医師や繁殖業者は
 注意が必要。

・人から人への感染:しない

・人が感染した時の症状:風邪に似てる(発熱、悪寒、倦怠感など)

・治療法:(人も犬も)抗生物質の長期投与 再発の可能性あり

・ワクチン:なし

・人への感染予防:手洗い、うがい

・飼い犬が感染したら:不妊手術をし、感染拡大に注意をすれば、飼い続けることに  
           問題なし。

   (東京都福祉保健局健康安全部環境衛生課のQ&Aより、簡単にまとめました)

ドラマではない本当の話



2007年大阪でブルセラ病に感染した犬100頭以上が安楽死させられました。
ドラマとは異なる結末。

ブリーダーが適切な管理をしなかったために起きた悲劇でした。
多くの人たちが、真摯にこの件に向き合い、犬たちを救うべく
努力したが、あまりの数の多さに、やむをえず
「殺処分」という結果に。

ここに至る経緯はこのHP参照

http://www.ican.zaq.ne.jp/brucelladoghelp/

ブリーダーのモラルの向上と規制が
感染予防のために必要!!

一般人の多頭飼い届け出、規制も
視野に入れなければならないことを思わされます。


通常の家庭で飼うことは問題なし



大阪の事件の件もあり
ブルセラ病・・・「うつる怖い病気」というイメージが
あるかもしれませんが、
普通の家庭で、1匹で飼う分には問題ありません。

勿論、獣医さんと相談、指導のもとで
充分なケアが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



シニアでも、単身でも
安心してペットを飼える社会をめざして!!

当会では、会員同士の交流をはかり
飼い主が病気などでどうしても
飼い続けられなくなったときのための
セカンドオーナーを決めておく
相互の助け合いをめざします。

サイトURL

http://pet-saigomade.com/


リンクバナー
一般社団法人ペットと最後まで
リンクフリーです。


にほんブログ村ランキングに参加しています!

クリックの応援、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



ペットを守るために遺言を!

07 20, 2010
ペットを愛する人にとって
ペットを見送ることを想像するのは恐怖ですが
自分が先立つのもこれまた恐怖です。

自分がペットを失って悲しいのは、自分の努力で立ち直ることができますが
ペットが飼い主を失ったら、彼らの努力ではどうにもなりません!

家族のいる人は、
黙っていてもきっと家族が引き取ってくれるだろう・・と
思っていることでしょう。

・・・・・・が・・・・

税理士として、数々の相続に立ち会い
人が亡くなった後、誰がなにをもらうとか
誰が何を引き取る・・・という決めごとは、
決して善意だけではまとまらないのを見てきました。

良い解決法は遺言を作成しておくことです。

たとえば

「犬のショータは、次女のケイ子が引き取ってください。
ケイ子が、思春期真っただ中の嵐の日々を慰めてくれた、ショータです。
最後まで、大切に飼ってください」


というように、自分の思いも付け加えてくと尚、良いでしょう。

遺言書には
「自筆証書遺言書」と
「公正証書遺言書」の二種類があります。

「自筆証書遺言書」とは、その名の通り
自筆でなければなりません。


パソコンが得意でも、ワードはだめです。
これは偽造を防ぐためです。

必ず○○年○月○日と、日付を記入してください。

そして、家族の方にそれとなく、遺言書のありかを伝えておいてください。
せっかく遺言書を残しても、自分の死後見つからないままだったら
「犬のショータ」がたらいまわしになってしまうかも知れませんから。

    つづく

一般社団法人 ペットと最後まで
お知らせ
プロフィール

ペットと最後まで

Author:ペットと最後まで
一般社団法人ペットと最後までひとり暮らしでもシニアでもイヌ・ネコと安心して暮らしたい。主に川崎・横浜・東京でペットオーナー(シニア世代)の交流を促進サポート。
私にもしものことがあっても、私のペットには「生き場」がある。
殺処分のない街づくりの参加者を募集しています。

クリック募金 こちらから    ワンクリックでできる社会貢献  ↓
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新エントリー
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
リンク
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。